In 乳ガン体験記

【乳ガン体験記-後日談−1】体験しないとわからないことだらけ

2014年の夏、私は乳ガンの手術を受けました。

【乳ガン体験記−1】

【乳ガン体験記−2】

【乳ガン体験記−3】

【乳ガン体験記−4】

【乳ガン体験記ー5】

【乳ガン体験記ー6】

【乳ガン体験記−7】

【乳ガン体験記−8】

【乳ガン体験記−9】

【乳ガン体験記ー10】

【乳ガン体験記ー11】

【乳ガン体験記−12】

治療の後、人それぞれ

久しぶりに美容室へ。

居心地のよい空間で馴染みの美容師さん。

そんなかんじなので、退院して3週間後に美容室へ行った時に

「乳ガンで手術してきて」と気軽にお話していて。
(周りにカミングアウトしたのはもっと後)

やっぱ、「ガン」というワードに美容師さんの手がとまり顔色がサッと変化したのを見逃しませんでした。

そっか〜、やっぱり「ガン=死」というイメージが強いね。。。

その後、その美容師さんがカットしながら、、、、

義母さん(奥さんの母)が昨年乳ガンが発覚。

手術のあと、抗がん治療されていて、最近放射線治療に通われているとお話してくださいました。

高齢で抗がん剤、さぞ、キツいようで、日常生活が大変な上、放射線治療で毎日病院、、、、

親戚の方が車で送迎されているということでした。

「毎日、病院行くの大変ですよ〜」と、放射線治療のダメージを少しでも軽くする方法をお伝えしました。

退院後3週間の私が「ごく普通に」美容室へ来ていたので、そんなものだとと思われていたそうですが、

いざ、義母さんの闘病をみると私と全然違うので、戸惑われたそうです。

はい、私は抗がん剤効かないタイプの細胞で、抗がん剤治療受けてないので、ダメージは全然違うと思うのです、、、とお話してました。

友達の抗がん剤治療中の話もいっぱい聞いてますが、これは体験した人しかわからないことなので。

薬によって、人によっても副作用の出方も違うと思うので、なんともいえません。

ただ、精神的にかなり参ってらっしゃる様子だとお聞きして、

「まだ、放射線治療中なので、気が張ってらっしゃると、思うのですが、治療が一段落ついた時が要注意ですよ」

治療が一通り終わったあとに「ガクッ」と来られる方が多いそうです。

特にお仕事をされていない方、辞めてしまわれた方は要注意。

時間がある分、良からぬ方向へ思考がいってしまったり引きこもり傾向に陥ったり。。。

「お休みの日はなるべく外食とか、連れ出してあげてくださいね」っとお話してきました。

治療の後はメンタルの強化が重要

私の場合は精神面もカウンセラーとして「魂」「宿命」「運命」という考え方なので、ガン告知の時も動じないメンタルを持ち合わせてます。

これから増えると予想されているガン患者。

その予備軍である「まさかガンにはならないよね」と思ってらっしゃる人達にスピリチュアルに触れていただきたい。

それが、いざ、病気になったときに落ち込まない=前向きに対処できるメンタルが自然治癒力をアップする秘訣にもなると思うのです。

有名人の乳ガンの報道があると

樹木希林さん、ちびまる子ちゃん作者、小林麻央さん、、、

有名人が乳がんで亡くなる度に、クリニックはすごいことになってますね。

検査の予約で電話が通じなくなるくらいだそうです。

 

私が乳がんになって「ガン」について本をいろいろ読んだり、ネットで情報を集めたりしました。

 

あくまで個人的見解を述べさせていただいてます。

周りの人がガンと診断されたら

あの人は○○だから、、、

○○が好きだったし、、

無意識に原因を追求してしまってることがあると思います。

ガンと一口にいっても原因はさまざま。

胃がん、子宮頸がんなどはウィルス

肺がんはタバコ

肝臓癌はアルコール、肝炎、、、

 

などが多い傾向にあるとされていますが、、、

原因が特定しにくいガンもいっぱいあります。

たとえば、がんといっても細胞の種類は何種類もあって、それぞれ特徴があるように、、、

「ガン」と二文字で呼ぶのは大雑把すぎる、、、と最近思います。

ガン経験者が一番嫌なこと

ガン経験者とお話していて、

「一番うっとしいのが生半可な知識で原因を推測されたりすることよね~」っと。。。

たくさんの種類があり個性があるガンに対してテレビの情報をそのまま、言われると、

まったく、、、

とやりきれない気持ちになります。

当てはまらない一般的なガンの原因

「ストレス」
特に問題を抱えてることなく、好きなことを仕事にしてますが、、、

「血液の汚れ」
無農薬野菜・無添加などカラダに取り入れるものは注意して、デトックスも意識してますが、、、

「低体温」
36度後半ですが、、、

「生活習慣」
運動も定期的に、規則正しい生活を心がけてます、、、

どれも当てはまりませんし、聞き流します。

正直反論するもの面倒くさい。

おまけに最後は「○○でガンが消えた」という情報。

ガンといっても個性さまざま

抗がん剤が効く人、効かない人がいるように、個性さまざま、体質もさまざま。

臓器関係なく「ガン」とひとくちに捉えられると、大きな勘違いにもなります。

消化器系のガンの方は食事療法で完治されたりする場合もありますが、、、

原発の乳がんを食事で消した、、、ってあまり聞きません。
(そんなことをしてるあいだに転移する可能性も)

乳ガンの原因は特定されていませんが、ホルモンが関係する可能性大とされています。

とにかくそんな話はど~でもい~わけです。

なってしまったものは治すしかない!と

今更、よくわからない原因

「○○が悪い」なんて、、、

とりあえず、治す方向のみ考えれば良いのであって、これから闘病生活をおくる人にあれこれ素人の中途半端な知識はかえってマイナスです。

でも、「なぜ?」「どうして?」と問いたくなる裏には原因がわかれば、予防もできるかもと思われるかもしれませんが、、、、

そんな「単純」でもないようです。

もし、「ガン告知」された、、、方とお話される際はくれぐれも原因を追求することなく、その方の「自然治癒力」を引き出す前向きな姿勢のみで接してください。

 

続きは
【乳ガン体験記後日談ー2】

You Might Also Like

Scroll Up