「アンチスピ」から一転・家に「命」を認める話

昨日は箕面・レストラン美環房でランチのあと

洋館で優雅なティータイム

レストラン美環房はモダンな

コンクリート打ちっ放しの建物

お野菜いっぱい、こだわりの食材のコース料理

本物の暖炉

オーナーさんのセンスが感じられる

洋館の中の「和」

築100年

大阪中央公会堂を建てられた後

取り掛かられたという由緒ある物件

気の流れのよいお屋敷。

北に山、南に広い空間、川と

風水でいうところの「四神相応」

の土地に建設されてました。

敷地の中心が「龍穴」となる

立地になっているそうです。

ご結婚当初、雨漏りはするし、

だれも住まない洋館は

「汚い」「古い」建物だったそうですが、、、

改修の手を加えられ、4年前から

人を呼ばれるようになったのは

「人を招くことで人のエネルギーで家が活性化する」

ということでこれも風水の考え方と一緒でした。

もともと、オーナーさんは

神社にいっても適当に参拝されて

いたくらいスピリチュアルから

縁遠い方だったそうです。

お屋敷に来る方、来る方から

不思議な言葉をかけられていて、、、

「このお屋敷の◎◎は◎◎観音で」

「ここには○○龍がいる」

そんな不思議な方のオンパレードの

状態が続き、その○○や◎◎の像がお

屋敷の蔵からでてきたり、、、

など信じないといけない羽目になったそうで。

否応なしで「アンチスピリチュアル」

から一転、目に見えない世界を

認めざるを得ないようになられたお話を

以前、伺っておりました。

「アンチ」でいるとその都度、

その都度否定しないといけない。

それはすごくエネルギーを消費する。

なので、「受け入れてみよう」

と思うととても楽になられたそうです。

体験されてきたお話ってほんと

心に響きました。

お役目を果たされている方って、

波瀾万丈の人生を歩まれると

思っていたのですが、ズバリそうだったそうで、、、

いろいろな話がストーンと腑に落ちました。

そんなオーナーさんから、この夏の

イベントに声をかけていただき

日頃、お仕事をしている仲間と

非日常空間での優雅なひとときを

堪能しました。

こんな楽しみがあるから、また、

頑張れるような気がします。

 

You Might Also Like

Scroll Up