In 開運脳/ 開運・運気アップ

【脳をうまく使う開運方法】

ヨドコウ迎賓館

ヨドコウ迎賓館

「人は何かを学んだ時に、20分後に42%、1時間後には56%のことを忘れてしまう」

というデータがあるそうです。

 

大変残念なのですが、、、自分を振り返ると、、、納得です。(笑)

ただ、このデータを知ると、、、「人は忘れる生き物である」 ということで開き直りましょう。

 

とりあえず、メモすること。

 

何となく気になったものだけ、ちょこっとで大丈夫です。

書く先は、何でも良くて、手帳、ノート、PDF。手にしていた新聞などなんでもいいです。

 

メモること、その意義は、手を動かすことにあります。

そうすることで、いざとなった時に思い出す確率がダントツあがるそうです。

一度書いたものは記憶に残りやすいのと視覚でもう一度インプットしているので メモしていないものと差がでます。アナログなわたしはポストイットを愛用しています。

ただ、そのメモを見るのを忘れたりするんですよね〜(笑)

 

学習には脳の性質に沿った良い方法と、脳の性質に逆らった悪い方法があるそうです。

できたら、脳の性質を理解して効率よく学びたいと思いますよね?

 

「学習」という視点からみると、

「脳のシナプスがつなぎ変わる事=学習」

「今までとは違う自分になる事」というのとイコールの関係になるそうです。

 

自分に負荷をかけて、チャレンジして成功すると「脳が喜ぶ」=「シナプス結合が大きく変化」ということになるのだそうです。

 

チャレンジすることは「以前の自分とは違う自分に、生まれ変わる事」

なにかチャレンジされてますか?

 

風水鑑定メニューはこちらから

今なら、お引っ越しの吉日選びと運命学によるバイオリズム鑑定もあわせていたします。

ご登録は


You Might Also Like

Scroll Up