In その他

手を伸ばす勇気

樹齢100年越の庭の梅の木

今年もたくさん実をつけてくれてます。

 

梅の実を摘む時に思い出すのがこの本。

シャーリー・マックレーンの「アウト・オン・ア・リム」

以前にご紹介したことがありますが、「勇気」が必要な方がいらっしゃいますので、再掲載いたしますね。

 

 

題名の意味は

「梢の果実(真実)を手にいれるためには、危険を冒して枝先まで行かなくてはならない」

 

10年くらい前に読んだのですが、この題名の意味を心の奥にぎゅっとしまって「勇気を振り絞って」色々なことにチャレンジしてきたような気がします。

 

ストーリーは中盤〜面白くなってきますので、時間のない方は前半の恋愛云々のところはさ〜っと読み飛ばして行かれることをおすすめします。

 

まず、スピ系の本を読み進めていく中で著者のサイン会とかセミナーに行き始め、スピ系のお友達ができ、誘われて、今度は「スピリチュアルカウンセラー」養成講座に通うことに。

 

カウンセラーになる気なんて、全くなくて、スピ系のお勉強をしたいがために高額の受講料を支払う、、、ここ大変勇気が必要でした。

 

自分にその価値があるのか?

自己肯定感が低いとなかなかそこに壁があります。

 

そういう時に「アウト・オン・ア・リム」の意味を思い出してました。

手を伸ばさないと知りたい情報にたどり着かないのです。

 

それは、このお仕事をスタートしてからも一緒で、自分から何か動かないと、何も進行しないという現実にぶつかります。

 

せっかく資格を取ったり、お勉強をされてたのに、お仕事としてスタートするには結構、段差があったりします。

 

その時に「アウト・オン・ア・リム」

 

勇気をだして、Facebookやブログをスタートされる必要があります。

 

また、スタートされても「顔出し」できない方も多いですよね?

はい、わたしもブログスタートしてから顔出しするのに半年かかりました。

 

別に「顔出し」しても、ま〜ったく何も問題ないのですよ〜。

本人が怖がっているだけ。

 

不安をあおる人が周りにいたりする場合もありますが、その方たちって目標にしている人ですか?

きっと、方向性が違うのでは?っと思います。

 

 

梅の実に手を伸ばしながら、これからスタートされる方々の顔を思い浮かべ、このメッセージを贈りたいと思いました。

 

今、必要なのは「勇気」ですよ。

You Might Also Like

Scroll Up