In お金のお話・金運

子どもの金運はママが握っています

「数字が苦手な人の金運アップ講座」などでよく

 

「わたしたち日本人ってお金の教育を受けてない」

 

ってことを自覚してくださいね〜っとお伝えしています。

 

欧米では「お金の授業」がある学校が多いとか。

 

うちは海外旅行へ行く前は、、、

 

銀行のカウンターから頭がでないくらい小さい時から、

 

子どもたちには各自、日本円でお小遣いを渡し、

 

空港の銀行で両替させてました。

 

 

行員の方がカウンターの上に小さい手だけがでてくるので、

おかしい表情をされているのを遠くからこっそり見守ってました。

 

私がまとめて両替して$でお小遣いを渡すほうが段取りも

良かったのですが、それでは貴重な学習の場を奪うことになります。

 

大事なお小遣いが$に代わる瞬間を味わえるのと、何回か行っていると、そのときによって、同じ日本円が全く違う$に代わる「為替」の差を実感できることができます。

 

それを、体験すると、為替がニュースで読み上げられる時に

「あっ、今、両替したらええのに〜」

 

とか

 

「安くなってて、悔し〜」とかいう台詞になります。

 

 

そして、「ママ、今日、$は○○○円やで〜」と読み上げてくれるようになりました。

 

この環境大事だと思います。

 

だって、私が子どもの頃って、$とは無縁でしたから。

 

けっしてFXなど外貨の投資をオススメしている訳でないですが

 

私が個人年金を一部$で受け取るようにしているのは(為替リスクもありますが)

 

 

運用期間が長い分、日本円の値打ちがどうなるかわからないので、危険分散の意味もあります。(外資系の保険会社)

 

これも「情報」

 

先日、ブログでも

 

情報の量の違いはそのまま

「運気」に関わってきます。

 

先を見通すチカラの差が経済的

にも格差を広げます。

 

とお伝えしている通りです。

 

「お金は大事」

と認識しながら、面と向かい合っていない方のなんと多いことか、、、

 

 

見て見ぬふり、、、の方も。

 

 

「お金が大事」なら、お金がどういうものか知ることも重要ですよ〜。

 

You Might Also Like

Scroll Up