In スピリチュアルな日常

やくざ映画と魔女狩り

昨日は旦那と映画を観に行ってきました。

やくざ映画は一人では決して観に行かないのですが、

 

今回は旦那の好み優先と桃李くんがでているので、

 

「まぁ、いっか~」という感じで。(笑)

映画自体は面白かったのですが、やはり暴力シーンが

ありますので、結構、オーラにダメージがきます。

前世で魔女狩りに遭ってる方は皆さん、同じだと思うのです。

ボクシングとかもできたら見たくない。。。

「拷問」とか漢字見るだけでダメ。

女性は総じて苦手な方が多いとは思うのですが、、、

スペインに「拷問博物館」(名前あってる?)があるそうで

友達が旅行に行った時、闘牛もこの博物館もダメ

足を踏み入れることができなかったそうです。

旦那さんは全く理解不能で、なぜ、旅行にきたのに、、、

って感じだったので、「男女の感性の違いかな?」と

言っていたのですが、どうも前世も絡んでいたようでした。

魔女というと「火あぶり」って思われるかもしれませんが、

実際は取り調べ中、魔女裁判の前など「獄死」

が多かったようですよ。

旦那さんから拷問博物館の内容を聞いたら友達は

「火あぶりが一番ラクそう」って言ってましたから。(笑)

でも、女性が戦っている場面は全く大丈夫どころか

むしろ好き。(笑)

強い女性に憧れてるのかも。。。

だから空手を習っているわけでなくて、

動く瞑想みたいなもんなんです。

向き合うのは「自分」ですから。

桃李くんも空手の心得がある刑事役だったのですが、

 

攻撃すべきところ「寸止め」したり

(練習は頭部は寸止めが基本)

 

ジャブで良いところ反射的にノックダウン

 

させたり、、、という場面はやってしまいそうな

 

「空手あるある」で共感できました。(笑)

 

、、、いえ、わたしは無理ですけど、、、気持だけ。

 

 

You Might Also Like

Scroll Up