ニュースは毒!子どもは親の想像以上にデリケート

繰り返し映し出される

「あおり運転」や

「小学校教員同士のイジメ」の動画。

子どもに見せたいですか?

ご存知の通り民放は広告料で成り立っています。

なので、彼らの不利益になる情報は流しません。

テレビは「視聴率が命」です。

そこに公平性とか正義とか望むのは無駄かも

しれません。

3・11からしばらくして、、、

当時小学校低学年だった息子が

「目が見えない」と言いだし、

道を歩くのも怖いということで、、、、

眼科に駆け込みました。

急激な視力低下???

視力検査の後

「うぁ、よく見える!!!」というレンズ

を選んでもらって

「ちょっと、お母さんいいですか?」と

私だけ別室に。

「実はあのレンズ、度が入っていません」

と先生の口から衝撃の事実が!!!

多分、鳩が豆鉄砲を食ったような顔になって

いた私。(笑)

「時々、こんな症例があります」ということで

どうも「心因性」だということでした。

ちょうど、その時に視える人とメールのやり取りを

している時にこのことをチラッとお伝えしたら

「怖かったようですね」

そう、そうなんです!!!

あの繰り返し流される「津波の画像」が原因と

いうのが、わかりました。

ほどなくして、メガネなしでも普通に生活

できるようになり

「息子の伊達メガネ」は引き出しに。

(まぁまぁ、良いお値段しましたが)

子どもの心は親が想像するよりデリケート。

ネガティブな情報がダイレクトに影響します。

今現在流れているニュースの8割はネガティブと

言われています。

テレビをつけっぱなしにしていると

ネガティブな情報を垂れ流している状態に。。。

私たちは知らず知らずのうちに「洗脳」

されているという事実をまず知ることが

大切です。

自分の身と大切な人を守りたいなら、

必須です。

よろしければ、こちらへご登録ください。

メルマガ登録

(恐れ入りますが、フルネームで登録ください)

友だち追加

 

You Might Also Like

Scroll Up