幽霊見える人・見えない人

リアルにお会いする方より

 

「いつから視えてたんですか?」と質問されることがあります。

わたしは「生まれつき幽霊視える」人ではないです。

さて、、、、、と思い出すと、、、

一番最初に視たのが「妖怪」

そう、あの妖怪ですよ~。強烈でしょ?(笑)

ほんとウソのようなホントの話。

水木しげる先生の世界って昔からアニメの世界で馴染んでいるのですが、

 

 

あくまであれは、創作だとおもっていたのです。

ところが、実在していた。

ショッキングでした。

だけど、だれにも話せなかった。。。

 

自分の心の中にだけ長い間しまってました。

ブログの初期(2011年)にこのことを書いてました。

ーーーーーーーーーーーーー

 

夜、道を間違えて、Uターンする為に
空き地に車を乗り入れた時、

ヘッドライトに吸い寄せられるように数えきれないくらいの
幽霊が身体を乗り出してきたのを見ました。

びっくりしすぎて、声もでない!!

身の危険を感じて、その場から、逃げ去りがてら、
「○○霊園」の看板が目にはいりました。

みなさん、「ろくろくび」ってアニメの世界、
想像上のものだと思ってませんか?
私もそう思ってました。

しかし、実際、目にすると、

 

その世界(幽界)は存在する、と。

20年後「ゲゲゲの女房」を見て、水木氏もこの世界にコンタクトできる方だから書けたのよね~っと納得しました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

この時に視たのは「妖怪」の世界でした。

当時、幽霊って書いてますが、あまり区別がついてませんでしたね。
あきらかに波動が違うので。

妖怪はみえたら怖いですが、、、

 

人のオーラが視えるようになると、占い、鑑定などされている方はすごい情報量を受け取れることになります。

 

特別な人だけができるのはなく、

 

わたしのように幽霊見えない人も

 

練習次第でできるようになります。

 

なぜ、見える人と見えない人がいるのか?

 

その辺りのお話もわかりやすくお話することが得意です。

 

春に水晶鍋を囲みながらお話会します!

 

You Might Also Like

Scroll Up