In スピリチュアルお役立ち情報

神話を学ぶ民族は繁栄する

お客さまから頂戴した本の数々

 

昨日のブログで「古事記」の事に触れましたので、

頂き物の書籍を取り出してみました。

 

数年前、「古事記を学ぶ会」をスタートした直後、数名の方より

「この本よかったら、、、」と頂戴いたしました。

(いまでは入手困難な本も)

 

ほんと引き寄せってあるのですね。

(その節はありがとうございました)

 

 

 

米国大統領が最高の礼装である

ハワイト・タイ(燕尾服に白い蝶ネクタイ)

で出迎える相手は、世界中で3人。

 

ローマ法王、英国女王、そして

日本の天皇だけ、、、だそうです。

 

洋の東西を問わず、神話の時代から

続くと信じられ、2600年も万世一系で

国民と共に在る元首は日本の天皇だけ。

 

今、小学校の教科書には

「天皇は日本国や国民のまとまりの

象徴」であると、主なお仕事に

ついて記載されてるそうですが、、、、

 

、、、、肝心の

天皇陛下の最も大切なお仕事である

「国の平和と国民の安泰を願って

祈られる」ことが明記されてない

そうです。

 

天皇陛下は「祈る人」

 

神をお祀りする日本の最高神主。

 

以下、私の独断と偏見ですが、、、

 

目に見えない世界から説明しますと

凄いエネルギー体でいらっしゃるわけで、、、

 

古代より天皇には陰陽師がきっちり

ついて、方位など気学により

動かれるようにされているとか。

 

なので、悪い方角には絶対に動かれて

いないと推測できます。

 

そうそう、20年余り前に出張でパリ

へ行っている時に道に衛兵がビシッと

並び、だれか凄い方が来られるのかな?

という雰囲気でして。

 

「だれが来るの」と聞いても「秘密」と

話してくれなかったんですね。

そのまま道を歩いていると、黒塗りの車の

中になんと、手を振られる美智子上皇后さまが、、、、

 

黄金色に輝いてらっしゃいました。

あんなオーラの方は未だに視たことがないです。

 

一緒に歩いていた同期の子と

「うぁ~、美智子さまや~」と大喜び

でしたが、、、

 

あの衛兵さん、「国のトップの方の動向も

知らない?」と呆れていたかも。

そういえば、その頃、天皇の話も存じ上げて

ませんでしたし、出張前の忙しさでニュースも見てなかったです。

 

2年前まで定期的に参加していた

「古事記を学ぶ会」でも宮司さんより

天皇家の先祖のお話ということで

面白く解説いただいてました。

 

なぜ、今「古事記」なのか、、、

 

「12,13才くらいまでに民族の神話を

学ばなかった民族は例外なく滅んでいる」

(20世紀を代表する歴史学者より)

 

、、、ということは

「神話を学ぶ民族は繁栄する」

ということになるかもしれません。

 

うちの子、全然興味なしってかんじですが、、、とほほ

 

次の世代に引き継ぎできたら、、、と

いう想いもあります。

 

You Might Also Like

Scroll Up