【廃業届を提出】執着を手放す・春分の日までに心の整理

熱田神宮の満開の梅
「見事」という二文字がピッタリ

青色申告歴21年目。
最初はデザイン事務所としてスタートでした。

繊維商社のニットデザインの仕事をしながら、

副業でロボット犬AIBOの服のネットショップを立ち上げ物販もするようになり、二足のわらじ状態になったときに、、、

旦那が突然、脱サラ。

商社の仕事を辞めて旦那のお手伝いをするようになり、社員になるように勧められても

断固拒否!!!

どこにも属さない、心の自由を優先したのでした。(旦那のとことは業務委託として契約)

そのまま個人事業主として20年余。

訳あって、5年前一旦「デザイン事務所」の廃業届けを提出してきました。(心機一転、開業届けを提出してます)

デザインのお仕事は大好き!
趣味かなんかわからない曖昧なゾーンで仕事を長年してきました。

型紙の製図用具は風水鑑定用へ。

デザインの知識は風水のインテリアの時に活かし

ディスプレイの腕は訪問鑑定の時に、、、

スキルの転用が効くのも面白いです。

いつまでも「デザイン」にこだわっているとブレーキになるような気もして。

目に見えないエネルギーがあるのを当たり前としているとブレーキとなるエネルギーにも敏感に反応するようになってきます。

すっぱり断ち切るのに「廃業届け」

奇しくも同じタイミングで「離婚を決意」した人の話を聞いていて。

住み慣れた家を離婚すれば、手放さないといけないという「家に対する執着」で苦しい思いをしていて、、

「私はどこにでも住める」っとその執着を手放した途端、思いがけない提案が旦那さんからあり、念願かなって住み続けることになったそうです。

「執着」がエネルギーをどれだけストップさせているか、、、

私の場合も好きだったデザインの仕事に未練があり、いつまでも、「デザイン事務所」のままカウンセラーとしての収入を計上してましたから。

ただ、紙の上の話ですが、、、、
結婚、離婚も紙の上。

そこに心理的なものがたくさん乗っかかるわけで。

人って案外、「執着」してることを忘れてると思うのです。

無意識だから。

そこのところを手放すと案外、こんなもんだったのね~と気が付くかもしれませんね。

 

関連記事

Yuri Shiomi

Yuri Therapy 塩見ゆり

LINE公式はこちら

<毎朝LINEでお届け>
運気がアップする
「ショートメッセージ」
開運ヒントを無料配信中

メルマガ登録はこちら

スピリチュアルを現実に活かす!
開運メールマガジン
開運メルマガ登録

乳ガン体験記はこちら

乳ガン体験記

風水コラムはこちら

風水コラム

最近の記事

  1. 運を劇的に好転させる「引越し」のコツ

  2. 3/21芦屋ベイコートで金運セミナー・「富裕」の波動あふれる空間を体験

  3. アバターを見て縄文時代を思い出す?貨幣のない世界

  4. スピリチュアルは現実に活かしてなんぼ!

  5. 喉のチャクラが詰まっている原因は幼少期の辛い体験から

  6. <インスタライブ>開運のために立春までにしたいこと

PAGE TOP