良い生霊・悪い生霊

昨日の芦屋川

ちらほら桜が咲き始めています。

 

家族が見ていたテレビから

「良い生霊」ってワードが

耳に飛び込んできて、、、(笑)

 

そのワード、

めちゃウケました。。。

 

みなさん、「生霊」って怖いもの

って思ってらっしゃいませんか?

 

源氏物語で「六条の御息所」の

 

「とても怖い生きている女性の霊」

 

のイメージが強いかもしれません。

 

日本では約1200年前より

「生き霊」が認知されていたことに

なります。

 

結構、スピリチュアルでしたね、

平安時代は。

 

「陰陽師」は国家公務員で、

星読みなどの専門職でした。

 

番組ではさんまさんがなんと、、、

「良い生き霊」が1000人憑いてる

ということでした。

 

納得です(笑)

「良い生き霊」=「応援部隊」ですね。

 

実はどなたにもこの応援団がついて

います。

それがご先祖様です。

 

ある有名な視える方が

山道で遭難しかけた時にふと

ご先祖様が団体で現れたそうです。

 

「こんなに心配をかけている」と

痛感されたというエピソードがあります。

 

さんまさんは素人さん含め、後輩など

たくさんの方のお世話をされているので

わたし的には納得の結果でした。

 

なので、「生霊」と言っても

怖いものばかりではないです。

 

ただ、生きているので、幽霊より

パワーは強いですよ。

 

なので、そういう意味では

生霊は「ナメたらあかん」です。。。

 

霊視しているのは芸人五年目の若い

男性。

 

前回の放送で、結構評判を呼び

本物だと信頼されている感じでした。

 

言葉を慎重に選びながら、

鑑定結果を伝えてらっしゃる

ところが、好印象な感じ。

 

独特のイラストで解説なさっていて

そのあたりも面白いな〜っと

思いながらチラ見してました。

 

今、「見える人」は多いです。

 

でも、その人の周波数に反応する

(周波数帯)部分によるので、

 

そのあたりどこにフォーカス

されているのか?と

どう解釈され、説明されていかれるのか?

 

ホロスコープや四柱推命と一緒で

 

「読み取り」は腕が必要です。

 

なので、「誰にみてもらうか?」

が肝心です。

 

さて、

生霊とは

 

生きている人が発する「念」

 

「生霊」と書くとなんだかとっても

怖い存在に感じますが、、、

 

普段、生きている私達は

よくこれを飛ばして、飛ばされしています。
私たちが生きている限り、

呼吸と同様、吐いて吸って

 

循環しているエネルギーです。

 

エネルギーとして存在します。

 

ネガティブな例として

「嫉妬、逆恨み、嫌悪などの感情」

 

が念のエネルギーとなって

特定の相手に届く場合があります。

 

生霊が憑いた時の現象

 

・肩が重く感じる・背中も痛い

 

生霊は肩から背中にかけて乗ってくる場合が多いです。

 

なんだか肩が凝る、背中が重いかんじがするなどの現象として現れます。

 

・偏頭痛

片方の頭だけガンガンする、片方の肩だけ異様に肩が凝るなど、身体の片方に

 

生霊が憑いた場合、身体の片方のみ不調となります。

 

・身体全体がだるい

生霊は生命エネルギーを吸い取っていますので、なんだか疲れる、寝ても寝てもスッキリしない、眠りが浅い、、、など受診しても「不定愁訴」となるような症状が多いです。

 

・鬱っぽくなる

生霊のネガティブな想念が影響しますので、つい感情がネガティブになる傾向になる場合があります。

 

更年期と重なる症状が多いので要注意

 

ふとした瞬間に落ち込んだり、反対にイライラしたり、感情が揺さぶられることもあります。

 

・だれもいないところから視線を感じる

 

暗闇から視線を感じたり、監視される感覚に陥ったりすることがあります。

 

生霊が憑いた場合、その想念が影響していると思われます。

 

・どこからともなく異臭がする

 

ネガティブな存在が独特の悪臭を生みだします。

 

おかしいと思って雑巾がけをいくらしてもとれません。

 

どこからともなくする臭いがあれば、これが疑われます。

 

生霊が憑いた時の対処方法

さて、生霊が憑いていると

確信された場合、

 

一番にすることは何でしょうか?

 

まず、幽霊と違い、「飛ばしてきている相手」が「生きている」ということです。

 

カラダがこの世に存在していて、とてもパワーが強いことを認識しなければなりません。

 

生霊の一番の問題点は

 

除霊をしても成仏(浄化)はしないということです。

低級霊だろうと悪霊だろうと、成仏(浄化)さえしてしまえばこの世から消えてなくなります。

しかし生霊はこの世に存在している分、何度も何度も繰り返しとばしてきます。

 

つまり生霊を飛ばしている原因を取り除かなければ霊障は何度も続くということです。

 

ですので、飛ばしてきている相手を特定することが大切になってきます。

 

 

単純に「除霊」または「コード切り」をすれば一件落着!ではなく生きている限り、また、すぐ憑かれることを想定しておかないといけないです。

「引き寄せ」の現象が起こっていますので、ご自身の波動、周波数をアップささないと、またすぐ同じことになります。

波動、周波数をアップ

普段意識しない「波動」「周波数」が重要なのです!

不安になったり、心配したりネガティブになっているときは完璧に「落ちた」状態ですので、「生霊」にとっては有利な状況。

 

憑かれない予防策とは?

 

ご自身の「波動」「周波数」のアップのために
例えば、

・好きな音楽を聴く

・美味しいものを食べる

・笑う(落語、コメディ)

・没頭できる趣味に打ち込む。
特に笑いは一番周波数が高いので、

 

「笑い飛ばす」くらいの心意気が重要です。

相手の同じ土俵に立たないことも重要。
そう、

 

世に言う「神対応」

 

日本語は言葉のチカラが強い言語といわれています。
その言霊の波動で一番周波数の高いのが、

 

「ありがとう」

ネガティブな出来事にも「ありがとう」で対応すると「ありがとう」って心から言える結果になることもあります。

 

普段、無意識に発してる「念エネルギー」
この取り扱いを間違うと、知らずに人に矢を放って
いたり、人の念をダイレクトにボディブローのように受けたりします。

 

ぜひ、念の取り扱いをマスターできるようにしましょう。

 

この春から浄化・念の取り扱いなど

クリアリング・エネルギーワークの

 

セミナーをスタートします。

体験会などお知らせはLINEで先に

ご案内いたします。

 

友だち追加

 

<毎朝お届け>運気アップする「ショートメッセージ」

開運のヒントを配信しています。(無料)

おかげさまで口コミでどんどん読者様が増えています!!!

 

UFOガッツリしたスピリチュアルの

お話がお好きな方はこちら

メルマガ登録

(お願い:恐れ入りますが、フルネームで登録ください)

You Might Also Like

Scroll Up