パワースポットの「パワー」ってなに?

毎朝のウォーキング中に立ち止まる所。

 

龍脈である六甲山から芦屋川沿いに続く「気の流れ」

わたしにとってここもパワースポットの一つです。

 

〜パワースポットて何でしょう?〜

 

以前、お客様から

 

「パワースポットに興味があり最近よく行っていますが、気持ちのよいところと反対になんだか、ドロドロしたところとあるように思います。

 

パワースポットって本当に「パワー」が強いところなのでしょうか?」

 

とご質問いただきました。

 

パワースポットブームで一時期、いろいろなところが取り上げられていましたが、やはり神社が多かったですね。

 

 

ゼロ磁場と呼ばれるところなど、日本には不思議なスポットも存在します。

さて、このパワースポットっていったい何でしょうか?

 

そこへいけば本当にパワーを頂戴できるのでしょうか?

 

〜地球の内側の話(地質学)〜

地球は地殻の下にマントル、外殻、内殻という構造になっています。

 

地球の内側は非常に高温です。地球の中心に最も近い内核と呼ばれる部分(地下5,100km~6,400km)は、約6000度もの温度があります。その次に中心に近い外核と呼ばれる部分「外核」(地下2,900km~5,100km)でも、およそ4,300度と言われています。(出所)Wikipedia

 

地球の内部は高圧、高温、大量の電気が発生しているのです。

 

地球の内部は高圧の電流が発生し渦巻いていて、そのエネルギーが地上に上がると爆発して「火山」となり一緒に電気のエネルギーも放出します。

 

その電気のエネルギーがでるところが「パワースポット」

 

ハワイ島、屋久島、富士山などが有名ですね。

 

実はパワースポットの「パワー」とは電気のことだったのです。

この話は次回に続きますね〜。

 

You Might Also Like

Scroll Up