【開運住宅】寿命の伸びる家に住む

先日、新年会の抽選でいただいた図書券

で早速、この本を買ってきました。

 

別荘って、きっと「遊び」の部分が多いと

思うので、、、というのと

 

近い将来「別荘の風水鑑定」とか、、、(笑)

はい、遠くても大丈夫ですので(図面があれば)

ご依頼くださいね。

 

寿命と住宅の関係

 

こう寒いと目が覚めてから「エイっ」と

 

起きる時に勇気がいりますよね。

 

実は家の温度と寿命と密接な関係がある

 

というデータがあります。

 

そういえば、1日の大半を「室内」で過ごしてますから

 

影響は大きいですよね。

 

実は住宅内の死亡率は高い?

 

「住宅での死亡者は年々増えている。

 

 

交通事故の死亡者数は年々減少し

 

年に四千人を切ったのとは対照的に

 

 

住宅での死亡者数1996年一万人強から

 

2012年には1万五千人と増え続けている」

 

というデータがあります。

 

室温と死亡との関係

 

その住宅での死亡は、浴室が4割。

 

温度差が循環器系に与える影響が大きいです。

 

日本は「耐震性」に関しては

 

世界に類をみないほど厳しい基準が

 

ある一方、室温に関しては全く

 

目を向けられていないです。

 

 

室温と健康寿命の関係

 

「暖かい家では寒い家と比べて健康寿命が4歳のびる」

 

例えば、

 

「1度上昇で脳が2歳若返る」

 

「活動量がアップして筋肉量を維持しやすい」

 

という研究結果があります。

 

世界標準は室温18度以上

 

2018年11月、WHO(世界保健機構)では

 

「冬の室内は18度以上」を強く勧告。

 

しかし国内のメディアは重要視しないのか、

 

大きく取り上げることはなかったそうです。

 

 

実は日本では「健康を守る家」に住んでいない

 

という驚くべき結果が本に掲載されていて

 

換気の重要性、部屋の色など

 

実は風水理論と同じでした。

 

次に続きます。

風水鑑定の詳細

You Might Also Like

Scroll Up