In 未分類

映画「リーディング」

昨日、シアターセブンで「リーディング」白鳥哲監督を観てきました。

100年の時を経て「ケイシー療法」は現代でも

有効であるというノンフィクションの映画です。

 

1997年にテレビの特集で取り上げられ、

日本で一気に知られるようになったそうですが、

私は約10年前にこの本で知りました。

 

「ケーシー療法」でガンが消えたり、

アトピーが治ったりされているインタビューがあります。

 

今、巷でよく「○○でガンが消えたらしいよ」

というマユツバ話をよく耳にする中、

実際に完治された方がお話されているので、

大変信頼できる情報です。

 

映画は医学的にも有効であるということから、、、

 

ケイシー自身が催眠療法で「リーディング」していく中で、

過去生のトラウマの「癒し」へとテーマが流れていきます。

 

後半はかなり「スピ」が入っています。

 

ワイス博士の「前世療法」と重なります。

 

本で読んだだけだったので、ケイシー1万五千件に及ぶ膨大な

 

リーディングの資料が残されている場面に感動しました。

 

残っているだけでこの件数。

 

現代医学から見放されたかなり大勢の方がケイシーに

よって助かったという真実の「リーディング」

 

彼は他に過去、未来の予知などもしていて、

(沈んだアトランティス大陸など)

「予言者」となっていますが、

 

これだけ医療など実績があるので、きっと、

過去のことにおいても信憑性があると私は思っています。

 

(なので、私の中には「アトランティス時代」という括りが

出来上がっています。)

 

催眠療法と聞くと怪しい、、、と思う方、

 

予言なんて、、、と否定される方、

 

アトランティスなんて、おとぎ話と思う方に

ぜひ、知っていただきたいです。

You Might Also Like

Scroll Up