In スピリチュアルな日常

不幸が続くのは先祖の祟りですか?

先日、衝動買いした草場さんの「青龍」

試し置きして、どんな額縁にするかイメージしてみました。

 

先日、お客様より「先祖の祟り」のご質問をいただきました。

 

以前のブログを参考にしていただけたら、、、とこちらに

 

掲載しますね。

 

Aさんよりお仕事の件とご家族のことを相談にみえました。

 

お父様は脳梗塞で倒れ後遺症がある。

 

お母様は膵臓ガンを手術してから糖尿病となり

体調がすぐれない。

 

お姉様は交通事故で車椅子。

 

ご自身も子宮頸がん初期で手術。

 

次々と起こる不幸な出来事。

先祖の祟りですか?とご質問いただきました。

 

時々、あります。

 

地方出身の方で、土地の風習が濃く残っている場合

そこ「平成の八墓村」ですか?みたいなお話を

聞いたりします。。

 

ご先祖さまも困られてますよね?

悪い事はすべて自分達のせいにされても。

 

そもそも「ご先祖の祟り」ってなに?って思います。

 

たとえば、

「○○なのはご先祖の祟りです」

「○代前のご先祖がされたことが祟っています」

ってお墓がどうとか、子供に災いがいく、、、とか脅し

恐れをうまくお商売に繋げることも可能です。

 

よく週刊誌にでてくる事件も根底には「恐れ」を

利用したものが多いような気がします。

 

Aさんに「ひっかかりませんでした?」と

家族の不幸をきっかけにそんなことがないか

確認しましたら、

「お金の余裕がないので」と。

 

Aさんには

あの世の仕組み、宇宙の法則、人生の乗り換え

(シフトチェンジ)など説明。

 

病気、事故を人のせい(先祖の祟り)にしても

なにもはじまらないこと、

人間に与えられている自由意志。

 

Aさんは心のどこかで薄々気がついていらっしゃった。

やっぱり、、、って。

「すっきりしました」

 

今までモヤモヤが晴れたようです。

You Might Also Like

Scroll Up