In オススメの本

【開運習慣】予祝という考え方

9年前に出会った「未来は選べる」バシャール 本田健

 

先日、大阪某所でE子さんにバッタリ。

 

ちょうど、今月、「お仕事の大会で優勝」されたというお話をしていたところでした。

 

「おめでとうございます」と言葉にすると簡単ですが、その裏に彼女の地道な努力とドキドキの気持ちとチャレンジ魂、たくさんのドラマが裏に隠されていると思うのですが、

 

 

いつもの笑顔でサラッと「予祝成功です」と。

 

 

そう、「予祝」

 

 

イメージを明確、明確にして大会にのぞんだそうです。

 

 

「優勝できますように」と願うと優勝できない事実があることになる。

 

 

「優勝できました、ありがとうございます」と優勝できたイメージを明確にして

 

 

先にお礼を言うというのが「予祝」

 

 

もちろん実力が伴わないといくら予祝しても無駄ですが。。。

 

受験勉強しないで、合格祈願している子どもと一緒になります。

 

 

 

わたしが毎朝、神社で参拝するのもこの「予祝」のため。

 

神さまに先にお礼を言う。(厚かましいとか思わずに)

 

 

義母の事故の時も

 

「足の骨折だけで済んで、ありがとうございます。リハビリして歩けてます」(頭打たなくて、腕も折れなくて)

 

 

実母の徘徊で行方不明の時も

 

「無事帰ってきました、ありがとうございます」

 

みたいなかんじで「絶賛予祝祭り」を一人でしてました。

 

 

何度も繰り返しますが、「心配は呪い」です。

 

「わたし失敗しないので」(ドクターX 大門未知子)

 

「わたし心配しないので」(目チカラ強めで)

 

とアレンジして使っちゃいましょう。

 

 

そして、イメージを明確に「予祝」して希望する未来へ、パラレルワールドへ。

 

 

そういえば「未来はえらべる」てバシャールと本田健さんの本の題名にありましたね。

 

まさしく「未来を選べる」のがパラレルワールドだから。

 

いま、この現実もご自身で選ばれた結果かもしれません、、、っといっても頭こんがらがりますよね(笑)

 

でも、本当みたいですよ。

 

ぜひ、読んでみてください、オススメの本です。

 

 

You Might Also Like

Scroll Up