臨死体験と幽体離脱

七夕の笹にはお願いごとがいっぱい!(芦屋神社)

「願い事」=「願望実現」には私たちの

「無意識」の領域「潜在意識」が鍵を握って

います。

しかし、大人になるとこの「潜在意識」の

領域になかなか入ることが難しくなって

きます。。。

この願望実現のキモである

「潜在意識」のドアを開ける

のはヘミシンクの得意技です。

(8月「思考の現実化」開催予定)

昨日は芦屋で「ヘミシンク体験会」

ではその入り口をご案内しました。

終わってから1時間くらいおしゃべり

してまして、、、

その中で「臨死体験」の話題になったので

以前の記事を再アップいたします。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

臨死体験

人は死んだら終わりと思うのか

魂の存在として永久不滅、

輪廻転生していると思うのかで、

自ずから生き方も変わって

くるのでは?と思います。

まず、あの世ありきでこのブログを

スタートしてますので、

科学的なアプローチで

検証されたものはとっても興味深いです。

臨死体験とは

「事故や病気などで死にかかった

人が九死に一生を得て意識を回復

した時に語る、不思議なイメージ体験。

世界各国、宗教観、人種の違いが

あるにもかかわらず、同じビジョンを

見ることが報告されています。

臨死体験とはいったい何なのか?

そこを解明されることがあの世を垣間見る

ヒントになりそうな気がします。

臨死体験には個人差があり、

1,死の宣告が聞こえる

心臓の停止を医師が宣告したことが

聞こえる。

この段階では既に、

病室を正確に描写できるなど

2,意識が覚醒していることが多い

3,心の安らぎと静けさ

言いようのない心の安堵感がする

4,耳障りな音

ブーンというような音がする

5,暗いトンネル

トンネルのような筒状の中を通る

6,物理的肉体を離れる

体外離脱をする

7,他者との出会い

死んだ親族やその他の人物に出会う

8,光の生命

光の生命に出会う。神や自然光など

9,省察

自分の過去の人生が走馬灯のように見える。

人生回顧(ライフレビュー)の体験。

9,境界あるいは限界

死後の世界との境目を見る

10,蘇生

生き返る

(Wikipedia)

国、宗教の壁を越え世界的に似たような体験をすると

いうのは、大変面白いです。

諸説ありますが、、、

ただ、脳の中の幻想という説もありますが

自分の臨終場面を上から見て、その時の状態

誰が、どこで何をしていたかを答えられる

のは謎になりますよね?

もう一つ、興味深いのは臨死体験を

してから超能力を得る方が何%か

いらっしゃることです。

これは科学的にどう証明されるのか

わかりませんが、なにか不思議な

チカラを第二の人生で発揮される

傾向があるようです。

余談

NHKならではの取材力(一年掛けて世界各地)

膨大な資料をもとに1991年に

「NHKスペシャル」で番組として放映された

そうです。

本ではそれに収まらないエピソードが多数

書かれています。

その中に「宇宙人」「UFO」の体験が

でてきてました。(興味深いです)

***LINE登録プレゼント***

今、ご登録いただくと「波動と引き寄せ」の

動画をプレゼント。

LINE読者の方はお友達紹介いただくと

双方の方に動画を進呈いたします。

友だち追加

<毎朝お届け>(月or火定休)

開運のヒントを配信しています。(無料)

家をパワースポットに

おうち風水講座(初級3回講座)

7月9日(木)13時〜15時

お客様へのアドバイスに

カウンセラー・占いのための風水講座

(動画配信いたします)

お申し込み

風水鑑定メニュー

■無料zoomお話会(LINE読者さま限定)

7月5日(日)9時〜9時30分

毎回、たくさんの方に参加いただいてます。

(事前申し込み不要・途中入退出OK)

http://yuritherapy.com/

UFO

You Might Also Like

Scroll Up