In スピリチュアルお役立ち情報/ その他

水晶・サンキャッチャーの浄化方法

こんにちは、風水コンサルタントの塩見ゆりです。

お客様より「水晶やサンキャッチャー、たまにパワーを感じないときがあります。
浄化が必要なんでしょうか?」とご質問いただきました。
水晶は基本、浄化のパワーが強い石ですが、時間がたてば経つほど、様々な影響を受け、水晶本来の持つパワーがダウンします。
定期的に浄化が必要です。
今回は簡単にできる5つの方法をお伝えしますね。
  1. 流水
  2. 月光浴
  3. 日光浴
お手持ちのパワーストーン、ブレスレットなどこの方法で浄化できますので、ぜひ、お試しください。

①流水による浄化方法

流水による浄化方法には、水晶の中に溜まってしまったマイナスのエネルギーを洗い流すという意味があります。

  1. 水道の蛇口を細く開けて、水に石をさらします。
  2. 石は容器にいれます。 
  3. 時間は大体5~10分
  4. 洗浄が終わりましたら、優しく石についた水分を拭き取る。

注意)パワーストーンの種類により水に弱いものがあります。

②日光浴による浄化方法

午前中の太陽光に、当てるのがベストとされております。

10分程度、弱い時には30分程度を目安としてみます。

こうすることで、石に太陽のエネルギーが転写されていきます。

④月光浴による浄化方法

月の光は浄化するのにピッタリのエネルギーがあります。

特に満月がオススメです

5、塩による浄化方法

水晶は浄化用に使用される場合が多いですが、その分、マイナスのエネルギーを吸収し、知らず知らずのうちに邪気まみれになっていることがあります。

そんな時は塩による浄化が強力です。

古来より塩は浄化や邪気を祓うのに使われてきました。

6、土による浄化方法

もともとパワーストーンは土の中で気の遠くなる年月を経てこのような美しい石になりました。
土に埋めることによって、パワーストーンに大地のエネルギーが充電され、さらにパワーアップします。

埋める場所はよいところを選ばなければいけません。

なるべく素性のわかっているところ(実家の庭など)がよいでしょう。

7,水晶のさざれで浄化する

水晶は非常に優れた浄化力があり、自浄作用もあると言われております。

パワーストーンを浄化する方法として、クラスターが最も効果があると言われております。

それは、クラスター水晶の結晶柱が林立することにによって、多方面にわたって浄化のエネルギーが放出し、晶をも浄化してくれるからです。

クラスターがない場合は、小皿に水晶のさざれ石(タンブル状になった水晶)を敷き、その上に石を置くと良いでしょう。

大体1回の浄化の時間は、早くて一晩、ゆっくりと確実に浄化したい時には、大体2~3日くらい石を置きます。

重要なのは定期的なメンテナンス

ホコリまみれになったり、放置されたままだと「邪」が溜まるので逆効果です。

You Might Also Like

Scroll Up