In 未分類

ポジティブシンキングで引き寄せた実例

先週、大きな箱が息子宛に届きました。

なに?と思って送り状を見ると「プレイステーション」と書いてあり
一瞬、勝手にネットで買った?と思いましたが、よ〜く見ると、
発送元に「集英社賞品発送係」と印刷してあり、、、
そういえば、「はがきが欲しい」と言ってたっけ。
もう、懸賞にはがきが必要なことってあまりないので、買い置きがなく
「何に使うの?」と聞くと、懸賞に応募すると言っていたので、
自分のお小遣いで買うように言いました。
うちは切手とかストックしているのは仕事用なので、子供がいると言っても
「それ、会社のお金で買ったもんやし、勝手に使ったら、横領やで」と。(笑)
ここのところの線引き、重要なんです。
きっと大人になれば、わかるかな?
そうそう、その大きな箱は息子が欲しがっていたゲームでした。
賞品の発送をもって当選とわかるシステムって、配達途中で盗まれたりとか事件に
なっていたこともありますよね?
娘に「これ、当たったの、わからへんから、メルカリで売る?」とか冗談で言ってましたが、
正直、ほんまに当たるんや〜っと、家族みんなでびっくり。
入試が終わったタイミングで届いたので、旦那と相談して、そのまま
渡すことにしました。
いつもポジティブすぎる息子なので、その思考で引き寄せたのかも。
当たらなくてもお年玉で買いにいく予定だったらしいので息子の喜び具合が半端ない。
「もう、懸賞当たらへんかも。運使ってしまったし」と言っていたので、
(ママが運を熱心に研究していること、ヤツは知らない)
「運は減らへん。筋肉と一緒で鍛えれば、育つんやで」とかましておきました。(笑)
誰が言い出しっぺなんでしょ。運を使えばなくなるなんて。
筋肉使ったらなくなりますか?
運もそうだけど、お金も一緒。
お金は使ったらなくなると思いがちですが、使い方次第。(投資とかリターンがある場合もあり)
そもそもお金について、欲しいと思っていても正体を知らない。
老後の資金も同じく。
いるとわかっていながら、なんとなく、、、なので、どうにかなると錯覚しがち。
なので、欲しいものを明確化するのも引き寄せるコツかもしれません。
と息子の懸賞品を見て、私も何か当てたい気持ちになりました(笑)

You Might Also Like

Scroll Up