In 過去生セラピーイラスト集

守護霊はベリーダンサー

ベリーダンサー

セッションにおこしくださったAさんは
音楽家、ピアノ一筋、教師歴の長い方。

事前に送っていただいたお写真からでてこられた
のはベリーダンサー

とっても活発なエネルギーを感じる方。

実際、お会いしたAさんは
「あれれ???」

エネルギーが停滞気味でいらっしゃる。。。。
お話をお伺いすると、、、、

約1年前に脳出血で倒れられたそうです。
二日間左半身が麻痺されてましたが、リハビリの
甲斐があって、日常生活は普通にされているのですが

ピアノの弾かれる時は左手の動きが悪く
以前のようにはいかない、、、とおっしゃてました。

ピアノの練習がリハビリに良かったそうです。

カラダは回復されても
「なぜ、病気になったのか?」
という疑問と病気の不安、、、
スッキリしない日々を送られてました。

無理もないです、、、、
病気はやっぱり、怖いです。

ただね、、、霊的な観点から拝見しますと
いろいろ見えてくるものがあるのです。

まず、後遺症がほとんどない。
日常生活に支障がないほど回復されてます。

お客様の体験談&自分のガン体験を通して、、ですが、
霊的な意味が大きい場合は「軽く」済む傾向が
あります。事故の場合も然り。

「病気の後、どんな心境の変化がありました?」
という質問をしますと

「ピアノの生徒さんへの気持ち」
「旦那さまへ」
「自分自身へ」
全て変化されたそうです。

はい、病気の意味という観点から、、、

周りへの感謝の気持ち、今までの心の変化など
心のシフトチェンジの役割だったと。

今後の人生における指針として
ベリーダンサーのガイドさんはどういう意味が
あるのでしょうか?

まず、エネルギーの活発な回転具合。

それと、自由な表現。
→自分の個性の発揮。

なにより、踊ること=楽しい~
→魂の喜びに素直に従う。

病の不安からの解放
→病気の意味を理解される

将来、Aさんと
「1年前、はじめてお会いした時は○○○っておっしゃって
ましたけど、、、ね。」みたいなかんじでお話して
そうな予感がします。

You Might Also Like

Scroll Up